お酒

バルタピンタ【ヴォルファス エンゲルマン】

2023年7月6日

製品名 バルタピンタ
ブランド ヴォルファス エンゲルマン
醸造所 ヴォルファス エンゲルマン
カテゴリー 白ビール
リトアニア
アルコール度数 5.0 %
国際苦味単位 - IBU
評価

ビールの紹介

小麦ビールの味覚特性と香りは、底が狭く上部が広がった、この種のビールを飲むためのカップに注ぐと、最もよく現れる。このようなカップでは、炭酸の泡がゆっくりと発泡し、ビールの表情を守り、特にしっかりとした泡を形成する。小麦ビールを提供する前に、8~10℃まで冷やすことをお勧めする。また、使用前にカップを水洗いすることをお勧めする。
(特に夏の暑い日には)。

小麦ビールを瓶からコップに注ぐのは、ある種の儀式である。伝統的には、空のコップを瓶の上に置き、コップを置いた瓶をひっくり返し、瓶をゆっくりと上に持ち上げてビールを注ぐ。この儀式は、魅力的な注ぎ方のためではなく、瓶の中のビール酵母を底から盛り上げ、注がれたコップに均等に行き渡らせるために考えられた。飲み物が正しく注がれると、固形の泡がカップのつばの上に、まるで帽子をかぶったように帯状に盛り上がる。

バイエルンの伝統では、白い泡のキャップが落ちないように、カップの底で紳士的に挨拶を交わすことを教えている。

引用: BALTA PINTA

 

ビールを飲んだ感想

相変わらずクリスプ感が弱さが気になります。

しかしながら、小麦ビールということもあり、口当たりのまろやかさは非常に良いです。

もちろん、フルーティーなアロマも華やかで、日本のビールでは中々味わうことができません。

1パイントで300円弱と、日本のラガービールとほぼほぼ価格も変わらず、コスパが悪すぎるってこともありません。

とはいえ、同じ白ビールであれば、ホワイトベルグ【サッポロ】の方がコスパは良いと思います。

リピートはなし!でお願いします。

 

以上です。

製品名 バルタピンタ
ブランド ヴォルファス エンゲルマン
醸造所 ヴォルファス エンゲルマン
カテゴリー 白ビール
リトアニア
アルコール度数 5.0 %
国際苦味単位 - IBU
評価

ビールの紹介

小麦ビールの味覚特性と香りは、底が狭く上部が広がった、この種のビールを飲むためのカップに注ぐと、最もよく現れる。このようなカップでは、炭酸の泡がゆっくりと発泡し、ビールの表情を守り、特にしっかりとした泡を形成する。小麦ビールを提供する前に、8~10℃まで冷やすことをお勧めする。また、使用前にカップを水洗いすることをお勧めする。
(特に夏の暑い日には)。

小麦ビールを瓶からコップに注ぐのは、ある種の儀式である。伝統的には、空のコップを瓶の上に置き、コップを置いた瓶をひっくり返し、瓶をゆっくりと上に持ち上げてビールを注ぐ。この儀式は、魅力的な注ぎ方のためではなく、瓶の中のビール酵母を底から盛り上げ、注がれたコップに均等に行き渡らせるために考えられた。飲み物が正しく注がれると、固形の泡がカップのつばの上に、まるで帽子をかぶったように帯状に盛り上がる。

バイエルンの伝統では、白い泡のキャップが落ちないように、カップの底で紳士的に挨拶を交わすことを教えている。

引用: BALTA PINTA

 

ビールを飲んだ感想

相変わらずクリスプ感が弱さが気になります。

しかしながら、小麦ビールということもあり、口当たりのまろやかさは非常に良いです。

もちろん、フルーティーなアロマも華やかで、日本のビールでは中々味わうことができません。

1パイントで300円弱と、日本のラガービールとほぼほぼ価格も変わらず、コスパが悪すぎるってこともありません。

とはいえ、同じ白ビールであれば、ホワイトベルグ【サッポロ】の方がコスパは良いと思います。

リピートはなし!でお願いします。

 

以上です。

-お酒

Copyright© 米山ゆたかのブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.