お酒

バルチックポーター【ヴォルファス エンゲルマン】

2023年11月28日

製品名 バルチックポーター
ブランド ヴォルファス エンゲルマン
醸造所 ヴォルファス エンゲルマン
カテゴリー ポーター
リトアニア
アルコール度数 6.0 %
国際苦味単位 25 IBU
評価

ビールの紹介

バルティック・ポーターは、世界で唯一の下面発酵ポーターとして知られている。 ポーターとして世界的に知られている。濃いマホガニー色のビールで、厚みのある泡が特徴。 ローストキャラメルのような甘さがやや目立ち、繊細な苦味のノートがそれを引き締めている。 デリケートな苦味。 歴史的背景 18世紀、イギリスから輸出されたインペリアル・スタウトは 18世紀、イギリスから輸出されたインペリアル・スタウトは、バルト海周辺で人気を博した。 その後、地元の醸造所でこのビールの分析が行われ、地元の原料を使い、醸造法を改良して開発された。 地元の原料を使用し、その醸造法を応用して開発された。これが バルティック・ポーターの登場である。 ヴォルファス・エンゲルマン・ブルワーズが2019年にこのレシピを復活させ、初めて0.75Lのガラス瓶で登場した。 0.75Lのガラス瓶で登場した。その味はビール愛好家に高く評価されたので 最も人気のある1パイント缶でお届けします。 冷蔵庫で12~16℃に冷やしてお召し上がりください。 引用: BALTA PINTA
 

ビールを飲んだ感想

泡は中々クリーミーであり、日本のビールメーカーの黒ビールと比較しますと十分美味しいです。 ウォルファスエンゲルマンのビールは微炭酸なのでピルスナーだと物足りないのですが、ポーターですので程よく感じました。 口当たりもまろやかで飲み口は滑らかです。 チョコーレートのような、大麦がローストされたビターな香りもしっかりと感じることができます。 ギネスビールよりも、味もよく値段も安いので、コスパは十分良いと思います。 以上
製品名 バルチックポーター
ブランド ヴォルファス エンゲルマン
醸造所 ヴォルファス エンゲルマン
カテゴリー ポーター
リトアニア
アルコール度数 6.0 %
国際苦味単位 25 IBU
評価

ビールの紹介

バルティック・ポーターは、世界で唯一の下面発酵ポーターとして知られている。 ポーターとして世界的に知られている。濃いマホガニー色のビールで、厚みのある泡が特徴。 ローストキャラメルのような甘さがやや目立ち、繊細な苦味のノートがそれを引き締めている。 デリケートな苦味。 歴史的背景 18世紀、イギリスから輸出されたインペリアル・スタウトは 18世紀、イギリスから輸出されたインペリアル・スタウトは、バルト海周辺で人気を博した。 その後、地元の醸造所でこのビールの分析が行われ、地元の原料を使い、醸造法を改良して開発された。 地元の原料を使用し、その醸造法を応用して開発された。これが バルティック・ポーターの登場である。 ヴォルファス・エンゲルマン・ブルワーズが2019年にこのレシピを復活させ、初めて0.75Lのガラス瓶で登場した。 0.75Lのガラス瓶で登場した。その味はビール愛好家に高く評価されたので 最も人気のある1パイント缶でお届けします。 冷蔵庫で12~16℃に冷やしてお召し上がりください。 引用: BALTA PINTA
 

ビールを飲んだ感想

泡は中々クリーミーであり、日本のビールメーカーの黒ビールと比較しますと十分美味しいです。 ウォルファスエンゲルマンのビールは微炭酸なのでピルスナーだと物足りないのですが、ポーターですので程よく感じました。 口当たりもまろやかで飲み口は滑らかです。 チョコーレートのような、大麦がローストされたビターな香りもしっかりと感じることができます。 ギネスビールよりも、味もよく値段も安いので、コスパは十分良いと思います。 以上

-お酒

Copyright© 米山ゆたかのブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.