アメリカ生活 仕事

憂鬱な日曜日はストレスをできるだけ発散する

退職した後の理想の生活でも書きましたが、早く会社を辞めたいですね。

日曜日はいつも憂鬱です。最近特に。

サラリーマンブログでは、キャリアのことを色々と語っていますが、働かなくても良いのであれば働きたくありません。

駐在員生活も、手当てが良くなかったらただの地獄です。特に私のような実務担当者クラスはそうだと思います。

愚痴を言い出したらキリはありませんし、月曜日はどう足掻いても始まってしまいます。

私が行っている鬱々とした気持ちを少しでも軽減する為の方法を紹介したいと思います。

  1. ゴルフの打ちっ放しでストレス発散
  2. 趣味の料理(昼ごはん)で精神統一
  3. お笑いのyoutubeを見た後、子供と昼寝
  4. 昼からは筋トレでストレス発散
  5. 趣味の料理(昼ごはん)で精神統一
  6. 子供と家の近所を散歩して日光を浴びる
  7. ビールを飲みながら映画を鑑賞する
  8. 寝る前に月曜日にすることを書き出しておく

基本的には、

  • 体を動かすこと。
  • 笑うこと。
  • 美味しい物(好きな物)を食べること。
  • 何も考えない時間を作ること(料理と散歩)。
  • 日光を浴びること。
  • 好きなお酒を飲むこと。
  • 仕事モードに切り替えること。

で私は鬱々とした気持ちをできるだけ軽減しています。

好きなことをしている最中でも、「あの案件大丈夫かな?」とか「あ、プレゼンの資料作らないと」などとたまに仕事のことを考えてしまいますので、そういう時は30分だけでも時間を作って、やることリストを書き出しておきます。

こうすることで、「まぁ大丈夫か」という気持ちになれますので。

 

ホント、自分の好き勝手させてもらってる妻には感謝ですね。

最近は帰任までの日数(月数)をカウントするだけの毎日で、仕事に対してネガティブになってきています。

スティーブジョブのスピーチで、

「毎朝鏡に向かって、今日する仕事がほんまにしたいことか?って問いに対して「ノー」が何日も続くようであれば、何かを変える必要がある」みたいなことを言ってましたね。

ノーって答え、多分2年は続いてます。

何かを変えんとダメですね。

知らんけど。

-アメリカ生活, 仕事

Copyright© コズブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.