お酒

フェスティーナペシュ【ドッグフィッシュヘッド】

2020年8月21日

製品名 フェスティーナペシュ
ブランド ドッグフィッシュヘッド
醸造所 ドッグフィッシュヘッド醸造所
カテゴリー ベルリーナー・ヴァイセ
アメリカ
アルコール度数 4.5%
国際苦味単位 8 IBU
評価

ビールの紹介

フェスティナ・ペッシュでは、桃の天然の糖分を酵母が食べるので、フルーツの複雑な香りと味がビールの中に織り込まれており、ウッドラフやラズベリーシロップで味を整える必要がありません。色: 淡い麦わら色で、わずかに霞がかかっている。アロマ:桃の果肉と果皮の明るい香り。フレーバー:中程度から強い酸味、仕上げに桃の甘み。口当たり:酸味を感じる素早いフィニッシュ、微炭酸。

引用: Festina Peche

 

ビールを飲んだ感想

ベルリーナーヴァイセとは元々ベルリンの地方で作られていた白ビールで、今では醸造所がかなり減っているみたいです。

Pecheというのは元々フランス語でペシュ(ペチェではありません)。

ベルリーナバイセは元々酸味のあるビールですが、このフェスティナペッシュは桃と一緒に発酵されており、ピーチの香りもすごくします。

ここからは私個人の意見ですが、この酸っぱさとピーチの香りとビール本来の苦味が合わさることで、ゲ●の味。

サミュエルアダムスのマウンテンベリーよりも不快な味でした。

半分飲み終わるまでに捨てました。

新品の缶もあと3本残っていましたが、そのまま捨てました。損切りです。

もう二度と飲むことは無いでしょう。

繰り返しますが、私個人の好みですし意見なので、こういうのが好きな方ももちろんいらっしゃると思います。

 

以上です。

-お酒

Copyright© 米山ゆたかのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.