アメリカ生活

アメリカのクレジットカード審査は厳しい!?【年収2000万円でも落ちる】

【2021年4月版】アメリカでボーナスUP中のおすすめクレジットカードをリファーリンク付きで紹介の中でも紹介されていますが、Chase Sapphire Prefferedは、年会費95$かかりますが多様なポイントに変換でき、還元率も良いことからアメリカでは一番人気のカードとなっています。

未だにANA USAカードを使用していましたので、Chase Sapphire Prefferedに申し込みました。

が、審査に落ちてしまいました。アメリカでの年収は約2000万円にも関わらずです。

 

(*ちなみにこの後、United Mileage Plus ExplorerとHilton Honors Cardの審査も落ちました。)

 

アメリカの有名な金融サイトのナードウォレットによりますと、チェイスは以下の項目を審査時に見るとのことです。

ポイント

  • FICOスコア(審査に通る人の平均は741)
  • 以下3点のことを考慮される
    1. Equifaxという会社からの信用情報
    2. クレジットカードの枚数
    3. クレジットカードの利用状況

引用: Chase Sapphire Preferred® Card (Credit Score Needed + 3 Approval Factors)

なぜ審査に落ちてしまったのか、以下考察してみました。

FICOスコアは良い

FICOスコアとは、クレジットカードの信用度を示す一つの指標となります。

スコアが高いほど、信用力が高く返済能力も高いと言われています。

Excellent credit of 720 and up can give you access to most rewards credit cards and the lowest interest rates offered.

(和訳: 720以上あったらちょっとクレジットカードでも通るで)

引用: Credit Score Ranges: How Do You Compare?

上記したように、720以上あれば非常に良い信用度であるとみなされます。

そして私のFICOスコアは以下の通り、774とチェイスの審査に通る人の平均よりも高い数値となっています。

なので、FICOスコアでが原因ではありませんでした。

 

Equifaxの信用情報

クレジットカードの信用付けを行う会社として、アメリカでは以下3つが有名どころです。

  • Equifax
  • Experian
  • TransUnion

そして、チェイスはその中でも、Equifaxと会社の信用情報を見ることが多いとのことです。

FICOのスコアでもそうでしたが、私のクレジットスコアは非常に高かったので、信用情報が原因ではないと考えられます。

 

クレジットカードの枚数

チェイスのクレジットカードを申し込む際には、5/24ルールというのが有名です。

5/24ルールとは、24ヶ月の間に5枚以下しかカードを発行できないという条件のことを指します。

普通の人はそんな作らないだろうと思っていましたが、中にはポイント稼ぎを目的に作る方がいるみたいですね。

私が持っているクレジットカードは、駐在してからずっとANA USA 1枚のみですので一切該当しません。

カードを3回くらいスキミングされましたので、再発行しましたが、それでも5回以下です。

 

クレジットカードの利用状況

チェイスでは、クレジットカードの利用金額が多すぎてもダメな場合があるとのことです。

基準としては、利用上限額の30%を決して超えてはいけないとのことです。

ANAカードのクレジットリミットは、6300ドルとなっています。

6300ドル x 30% = 1890ドル以上、バランスが上回ってはいけないことになります。

何回もこの金額をオーバーしていましたので、これが原因かと現在考えています

普通、家族分の航空券買ったら一回で数千ドルくらい払いますよね。

うーん、厳しい。

 

以上です。

 


北アメリカランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

-アメリカ生活

Copyright© 理系サラリーマンブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.